思い込みの効果

私、昔は朝寝坊の常習犯でした😅

その当時は、部屋にコンポがあって朝7時とかにタイマーかけといて、時間になると大音量で音楽が鳴る・・・という(今はスマホのアラーム機能)
それでも起きれないから、ボリュームだけどんどん大きくなっていくんですよね(大迷惑💦)

しまいには、反省する事もなくなり、テキトーに会社には『すみません、遅れます♡』て電話してからシャワー浴びたりして・・・、完全に開き直ってました。
会社に行っても、一応『ごめんね♡』とか言いつつ、『飲み過ぎた〜!頭痛い・・・』などと、遊びほうけていた事を自慢げに言う始末で・・・。
(どうしようも無いけど、あの時代が1番楽しかったな〜)
若いって素晴らしいですね!!

そんな、どうしても目覚ましで起きれない私だったんですが、ある日どうしても早朝出勤しなくてはいけなくて、お母さんとかにお願いすれば?と思われるかもしれないけど、私の中では全くその選択肢はなかったんですね。(誰かに頼るという思考回路が無い)

で、私がした事は、『6時に起きる!』と思いながら寝る!・・・というものです‼︎

すると不思議なことにちゃんと6時に起きるんです!
しかもコンポに起こされるのではなく、音がなくてもちゃんと時間になると目が開くんですよ‼︎

それ意外でも、仕事でナゼか『これは私得意だよ』と思う事に関しては、本当に上手くいって失敗知らずだったりしたんですよ。

あと、タバコを辞める!と強く思ったら、もう15年以上経ちますが、本当にそれ以来一本も吸ってないし吸いたいとも思いません。(これに関してはちょっと違うかな。私の場合は多分そこまで強い執着がなかったんだと思います)

そして、まさにウチの子供達は何度起こしても全く起きません!

『起きれない、ムリ』『寒い』『また起こしてくれるし』『あと5分』というような思いがあるからだと思うんです。
だって楽しみにしてた行事とか旅行に行く朝とかだったら、すんなり機嫌よく起きるもんね!

きっと『できる(起きる)』て思ってたらできるし、『できない(起きれない)』て思ってたらできないんです。

私も『また遅くなった、絶対起きれんな』とか『明日仕事か⤵︎ダルいな』て、いつも思っていて、そう思ってる間は本当に起きれなかったんですよ。

そう思うと、『どう思うか』て大事ですよね。

きっと、嘘でもいいから(?)『7時に起きる!』と思う事が出来れば、ウチの子供たちも起きられるはず!?

ちょっと試してみようかな。
いつか報告するかもしれません😁

さて、明日は何回起こせば起きてくるかな?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。